⽇本の緑茶では蒸すことで酵素の働きを⽌めるのに対し、中国では釜で炒ります。⽇本茶の⽟露のように、お湯は少し低めの温度が適温です。

獅峰龍井茶しほうろんじんちゃ 920円
⻄湖龍井茶の中の最⾼峰!
すっきりとした味わいの中に感じる⽢さは絶品です。
西湖龍井せいころんじん 890円
すがすがしい香りとすっきりした味わいの中に、優しいほのかな甘みがあります。茶葉の色がとても綺麗です。
西湖春雨せいこしゅんう 890円
春の⾬を思わせる茶葉に癒やされます。
さっぱりとした、クセのない味わい。めったに⼊荷しない貴重なお茶ですので、この機会に⾹りと味をお楽しみ下さい。
竹葉青ちくようせい 950円
竹の葉のように青々とした茶葉が特徴。すっきりとした中に甘さを感じます。
信陽毛尖しんようもうせん 890円
白毫が多く、深緑色をした細長い茶葉が特徴。濃く、まろやかな味わい。

⽇本で⼀般的に「烏龍茶」の名前で親しまれ、広く知られているのが「⻘茶」です。沸騰したお湯を勢い良く注いで、お楽しみ下さい。

台湾⻘茶
⻘茶では、最も発酵度が低く、緑茶に近い烏龍茶です。
ほのかな⽢みが特徴で、さっぱりとしています。
凍頂烏龍茶とうちょううーろんちゃ 820円
台湾茶の代表格。⾹ばしく濃厚でありつつ、喉に残る爽やかさは独特の余韻を残します。
阿里山烏龍茶ありさんうーろんちゃ 830円
飲み口は、まろやかで甘くやさしい喉越しを体験することが出来ます。
高山春露こうざんしゅんろ 830円
花の⾹りが⼼地よく、煎を重ねるごとに⾹りと味が変化していく⼈気のお茶です。
高山雲露こうざんうんろ 830円
清々しく、サッパリとした飲み⼝と⾹りで、非常に上品な味わいです。
安渓鉄観音
福建省の南、安渓を代表する烏龍茶。すっきりしていながら豊潤な香りと甘みを感じられる。険しい⼭岳地帯の⼭という⼭に茶樹があり、⾒渡す限りの茶畑は壮観。
茶 王ちゃおう 1,200円
観音王かんのんおう 1,000円
極品安渓鉄観音ごくひんあんけいてつかんのん 890円
広東⻘茶
特級 鳳凰単叢とっきゅうほうおうたんそう 900円
紅茶のように発酵度が高く、より香りが高いものが入荷しました。 濃厚でフルーティーな香りとコクをお楽しみください。
鳳凰単叢ほうおうたんそう 870円
広東省を代表する⻘茶。ライチやマスカットを思わせるフルーティな⾹りが特徴です。さっぱりとした飲み⼝で、中国茶初⼼者の⽅にもオススメです。
烏東単叢うーとんたんそう 850円
鳳凰山を産地とする烏龍茶。その中でも烏東山は非常に標高が高く、特に優れたお茶が作られる事で有名。甘い天然の香りと深い味わいを楽しめます。
福建省閩北みんぼく⻘茶(武夷⼭)
⻘茶発祥の地です。武夷三⼗六峰、九⼗九岩といわれる奇峰奇岩の連なりから採れるお茶を「岩茶」と⾔い、それ以外を「武夷茶」と⾔います。
武夷肉桂ぶいにっけい 880円
⽢みの中に感じられる、繊細な苦味がこのお茶のバランスを形成している岩茶です。
老欉水仙らおちょんすいせん 840円
⽢みの中に感じられる、繊細な苦味がこのお茶のバランスを形成している岩茶です。
白鶏冠はっけいかん 1,000円
武夷岩茶四⼤名叢の⼀つ。独特の⾹りと味わい。通が好むお茶。
大紅袍だいこうほう 900円
しっかりとした深みのある味わい。

中国でも様々なお茶を飲み尽くして飽きた、通の⼈が飲むとされています。お湯は少し低めの温度が適温で、淹れるのに非常に時間がかかりますが、蒸らす時間も茶葉を⾒て楽しむ優雅なお茶です。

※入荷待ち※老寿眉 860円
熟成された、白茶の深い味わいが楽しめるお茶。
白毫銀針はくごうぎんしん 1,100円
白毫いっぱいの茶芽に、ゆっくりとお湯が染み込み、一本一本浮き沈みする様子をゆったりとお楽しみください。 身体にこもった熱を乗り除いてくれるので、スッキリしたい時にオススメ。

中国茶の中でも特に稀少なお茶。
「悶黄」と呼ばれる独特の発酵工程を経ることで、黄茶独特の風味が生まれます。緑茶よりも濃厚で黒茶よりもクセのない味わいのお茶。

霍山黄芽かくざんこうが 1,000円
1000年以上の歴史があるお茶。熟した栗のような、より芳醇でコクのある香りが特徴。

紅茶の発祥は中国だといわれています。完全発酵の中国紅茶は、⾎⾏・⾎流を良くし、暑い時には体にこもった熱をとり、寒い時には体の芯を温めます。砂糖やミルクを⼊れなくても⾃然の⽢みがあり、まろやかです。それぞれ特徴のある⾹りも魅⼒的。

金毫てん紅きんごうてんこう 920円
⾦芽(ゴールデンチップ)だらけの特級品。滇紅(てんこう)らしい、⽢みを堪能できる。
雲南てん紅うんなんてんこう 850円
雲南滇紅らしくない、程よい酸味が感じられる紅茶
金駿眉きんしゅんび 890円
武夷紅茶の中で限定された産地で作られた物だけが『金駿眉』を名乗れます。ほとんど金芽の贅沢な紅茶。味わいはさっぱりとしているので、甘いお菓子との相性もバッチリ!
武夷紅茶ぶいこうちゃ 840円
燻⾹が淡く、さっぱりとした味わい。
正山小種せいざんしょうしゅ 890円
武夷紅茶よりも、しっかりとした味わい。
祁門紅茶きーまんこうちゃ一級 820円
インド産ダージリン、スリランカ産ウバと並んで世界三⼤紅茶の⼀つ。蘭花に喩えられる⾹りと濃厚でコクのある奥深い味が特徴です。濁りのない透きとおった紅い⽔⾊は感動!

有名なのは普洱茶で、その熟成に何⼗年もかけるものもあります。⻑く寝かせば、その⾹りと味はまろやかになっていくといわれています。

普洱小沱茶ぷーあるしょうとうちゃ 880円
貴重な⾦芽(ゴールデンチップス)を⼀緒に固めてあり、まろやかで飲みやすいプーアル茶です。プーアル茶独特の⾹りが苦⼿な⽅にもぜひオススメです。
雲南宮廷普洱うんなんきゅうていぷーある 880円
樹齢500年以上の茶樹で10年以上の熟成。まろやかな甘みを引き出し、香りは芳醇です。宮廷献上茶とされていた、稀少品です。
普洱餅茶ぷーあるびんちゃ 890円
10年以上熟成させた味は大変まろやかでクセも少なく、優しい味わいで飲みやすい。プーアル茶初心者の方にもオススメ。
[特級]小青柑プーアルあおみかんプーアル 900円
バランスの取れた上品な味。飲み慣れた⼈が好むお茶。
小青柑プーアルあおみかんプーアル 880円
酸味と⾹りが強く、フレッシュ感溢れるお茶。
普洱生茶ぷーあるなまちゃ 910円
自然熟成のプーアル茶。プーアル茶独特のクセが少なく飲みやすいのでプーアル茶が苦手な方にもオススメです。
大孟龍普洱生茶だいもうりゅうぷーあるなまちゃ 920円
より熟成が進んだ生茶は緑茶を濃厚にしたような味でコクがある。普通のプーアル茶を飲みあきた人にオススメ。

乾燥させた花にそのまま湯を注ぎます。⾒ても楽しめるお茶です。

美麗玖瑰びれいめいくい

820円

バラ科のお花のブレンド茶。その香りはまさに「癒しの香り」お肌を美しくするといわれています。
菊花茶きっかちゃ 800円
古来より菊は⾃然治癒⼒を助ける働きをもつといわれています。菊の⾹りは気分を鎮めてくれます。目の疲れを癒し、肝臓の働きを助けるともいわています。
金絲菊きんしぎく 780円
古来より菊は⾃然治癒⼒を助ける働きをもつといわれています。菊の⾹りは気分を鎮めてくれます。目の疲れを癒し、肝臓の働きを助けるともいわています。
桂花茶けいかちゃ 800円
⾦⽊犀(キンモクセイ)の花茶。⽢いやさしい⾹りはリラックスさせてくれます。喉を潤し、乾燥から守ってくれるといわれています。
洛神花らくしんか 770円
ハイビスカスのガクの部分のお茶といわれています。酸味が特徴で、さっぱりしています。お肌を美しくするといわれています。
白珠龍はくじゅろう(ジャスミン茶) 840円
貴重な⽩毫新芽を⽤い、真珠⽟のように⼿揉みで揉捻し、めでたいとする龍と珠の名を付けたもの。茉莉花のやさしい⾹りで、とても癒されるお茶です。
茉莉花茶まりふぁちゃ(ジャスミン茶) 810円
気軽に飲みやすいジャスミン茶が⼊荷しました。やさしい⽢さと⾹りでリラックスできます。

【茶館喫茶去】オリジナルのブレンドから、中国茶の定番ブレンドまで

菊花普洱きっかぷーある
※飲みきりタイプ不可
830円
普洱茶に菊花をブレンド。普洱茶をやさしい⼝当たりにしてくれます。ちょっと目が疲れているときにおすすめ。
花果茶はなかちゃ
※飲みきりタイプ不可
840円
洛神花、麗めいくい、陳⽪、⾊々な種類のドライフルーツをミックスした「茶館喫茶去」オリジナルブレンドです。フルーティで⾹り⾼いお茶です。お肌が疲れている時におすすめです。
八宝茶はっぽうちゃ
※飲みきりタイプ不可
880円
「茶館喫茶去」オリジナルブレンド。包種茶・陳⽪・銀⽿・クコの実・菊花・なつめ・龍眼・氷砂糖。さっぱりした味の烏龍茶をベースに、8種類の⾝体に良い⾷材を使った、ほんのりと⽢い味のブレンド茶です。

お茶の葉以外のものをお茶のように飲むもの

一葉茶いちようちゃ 770円
苦丁茶の新芽。苦いですが⽢味も感じられ、清涼感もあります。⾊鮮やかで美しいお茶です。⻘⼭緑⽔の成⻑した葉を1本の枝のように形づくられたお茶。渋みの後にクッと癖になる⽢さが感じられるお茶です。
羅漢果茶らかんかちゃ 810円
砂糖の400倍の⽢みがあるのに低カロリー。喉の痛みを和らげてくれます。疲れたときにおすすめです。
中国茶を飲むのに⽋かせないのが、この『茶海』。この茶器に、お茶を⼀度すべて移すことで、”⾹り”と”味”を均⼀に楽しむことができます!⽇本茶を淹れる時にもオススメですよ。ミルクピッチャーやドレッシング⼊れとしても使っていただけます。お客様のアイデア次第で、使い⽅は⾊々◎

茶館喫茶去で「茶酔い」のひと時を…

PAGE TOP